メニュー

皮脂の分泌の過剰が原因のニキビについて

大人ニキビと普通のニキビの違いは、ニキビができる原因と部位に違いがあります。
普通のニキビができる原因は、油分や糖分を摂りすぎることによって、肌の皮脂と水分のバランスがみだれてしまうことです。
肌の表面は、皮脂と水分によって潤いや肌本来の機能を維持することができますが、食事などで油分や糖分を摂りすぎてしまうと皮脂が過剰に分泌され、毛穴に皮脂が詰まりニキビになります。

 

一方、大人のニキビは、普通のニキビとは違い、精神的ストレスや疲労が原因です。
また、女性はホルモンバランスが乱れることでニキビができやすくなります。

 

人間の体には、たくさんの神経がありますが、その中に、交感神経と副交感神経があります。
この二つの神経によって、人間の生理機能や内臓は正常に機能しています。

 

しかし、人はストレスや疲労が蓄積されたり、ホルモンバランスが乱れてしまうとこの副交感神経のバランスが乱れます。
それによって、体の内部から肌へ分泌される皮脂の量が乱れてしまい、過剰に皮脂が分泌されてしまい大人ニキビができます。
さらに、普通のニキビは、額やティーゾーンといったお顔の中でも皮脂の量が多い部位にできますが、大人ニキビは、フェイスラインや、口周り、頬にできます。
このように、大人ニキビと普通ニキビの違いは、ニキビができる原因と部位に違いがあります。

 

 

ニキビが出来る理由は様々あります。
ストレスだったり体質だったり、普段の食生活だったりと色々な理由からニキビが出来てしまいます。
いつも清潔にしている事も重要で毎日洗顔をした方がニキビ予防にもあります。

 

しかしストレスなど内面的な心の方からの影響で出来てしまうニキビは対処しようがありませんよね。
それとニキビ体質の方も急に改善してニキビが出来にくくなると言う事もあまり聞きません。
そう言う方にニキビ予防としても最適なリプロスキンを是非オススメしたいです。